2006年11月12日

SEOの方向性

検索エンジンに解りやすいホームページとは人間にも解りやすいホームページです。もちろん検索エンジンは人間に解りやすいホームページだから上位表示します。

必ずしも「検索エンジンに解りやすいホームページ」=「人間に解りやすいホームページ」ではないですが、「良質なホームページ」=「人間に解りやすいホームページ」と言うのは不変です。


検索エンジンにも人間にも解りやすいホームページとはどんなページでしょうか?

結論から言うとW3Cに準じた構造を持つホームページのことです。W3C(英語)とはインターネットでの標準技術を作る非営利団体で、現在のホームページはこれを基準に作られています。

W3C自体は非常に複雑な仕様ですが、SEOの為のホームページ作りは簡単です。

・文章構造(HTML)とデザイン(CSS)を分ける。
・文法ミスをしない。
・文章構造を正確に作る。

これだけです。文章構造について次回に詳しく書きます。

SEOではテクニック的な事が重要視されますが、それよりも中身があるホームページが重要です。今後、検索エンジンの仕様が変わり評価基準がごっそり変わっても、SEO対策した良質なホームページの評価が下がるような仕様変更は絶対ありません

posted by nana at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27281940

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。