2006年11月20日

metaタグのkeywords

数年前のロボット型の検索エンジンはmetaタグのkeywords属性を重要視していました。そのため検索されたいキーワードをkeywordsに書けばページの中身に関係なくヒットしました。この仕様が多くのspamページを生み出しました。

現在は検索エンジンの仕様も変わり、一時期ほどkeywords属性は重要視されなくなりました。そして多くのWEB制作者もkeywords属性には意味がないと考えるようになりました。

しかし検索エンジンはある程度keywords属性を見ます。これだけで中身を判断することはありませんが、文章の重要なキーワードはどれか判断するのに使うようです。見落としがちですが必ずkeywords属性は指定するようにしましょう。

何百、何千のキーワードをkeywords属性に埋め込むことは明らかなspam行為です。文章の量に適したキーワードを埋め込みます。普通は数個、多くても7〜8個ぐらいが適度です。またサイトのキーワードを全て同じにするのではなく、ページごとの内容に沿ったキーワードをそれぞれ埋め込む方が適切です。

posted by nana at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。